潮流発電とはどんな発電方法か


日本でも、徐々に自然エネルギー発電の重要性が理解されわずかながら意識が向けられてきています。

発電の方法の主流は、現在も火力発電にあるため資源不足や環境汚染など様々な問題とつながっているためその重要性は言うまでもありませんね。

自然エネルギーを利用した発電の種類とは

現在、日本でも注目をだんだん受けてきているのが潮流発電ですね。

その名の通り、日本を囲んでいる海には様々な潮の流れや潮の満ち引きがあるわけですが、その海水の移動によって生まれる運動エネルギーを利用して、電力に変換する、と言った発電の方法なんです。

原理的には水力発電に親しい物があるのですが、もう一つ親しいと言えるのはその発電におけるメリットですね。

水力発電や風力発電、太陽光発電と言った自然によって生まれるエネルギーを利用した物で、火力発電のような電力供給によって排出される物がない、非常にクリーンなエネルギー生成の方法なんですね。

電力供給によって、環境汚染が進む問題は年々地球レベルで蝕んでおり特に資源の薄い日本では、資源不足による問題の解決をする意味でも、こういった自然エネルギー発電の実用化は必要不可欠といえるでしょう。

潮流発電のメカニズムとその働き方について

潮流発電は、先程も説明したとおり潮の満ち引きを用いた運動エネルギーを電力に換えるものとなっています。

地球は、自転と月の公転によって超汐力というものが生まれて自国ごとに必ず年中を通して定期的に発生するようになっています。
海面の高さの変動は、開口部が広い湾内では非常に激しいのでそういった地形の海岸になってくると、潮流発電の効率がよくなるわけですね。

そして、そういった潮流の変化の激しい部分に設備を建設することで海水の運動エネルギーでタービンを回転させて電力を生み出すようにする、と言ったの潮流発電の原理となっています。

水力発電と大きな違いは、水力はダムを開放し定期的に水流を自発的に生み出さなくてはいけないのですが、潮流は自然的に引き起こる物なので自発的な設備の稼働をしなくてもいい、というところや燃料などを必要としないところが大きなメリットです。

何故それでも実現することができないのか

ここまでの説明では、潮流発電は非常に便利なものに見えるかもしれませんが、例えば海水のエネルギーを用いる以上は当然ながらタービンへの塩害対策が必要です。

更に、海流には当然ながら海棲生物がいるわけですからそういった物をタービンに巻き込まないように除去したりしなければいけない、と言ったような問題があるのです。

海流へ晒し続けることもあり、耐久年数があまり持たないので実用化するには設備の維持のことも考えるとまだまだ問題が山積みなのです。