波力発電はどんな風に行われるものなのか


海水によって発電をする、というのは自然エネルギーによる発電の方法の可能性として大きな注目を受けています。
しかし、まだまだ大規模な設備の稼働をするには課題が山積みで、中々実用化には至っていない、という現状にあるんですね。

海水を用いた電力を生み出す波力発電

海水を用いた発電の方法の一つに数えられているのが波力発電、と呼ばれる物です。
その名の通り、水力発電の原理を利用してその運動エネルギーのもとを海の波力を用いた物です。
波の寄せ引きによって生み出される運動エネルギーとして利用するようになっており、潮流発電と親しい物があります。
ただ、波力発電と言うのはシステムも種類によって発電方法も設置場所なども違いがあるんですね。

基本的には、波の寄せ引きによって起こる運動エネルギーを利用する、という原理的な部分は変わりません。
そして、波力発電のメリットは利用する運動エネルギーが自然エネルギーだけで稼働するように賄われるため、燃料などを必要としないためソレによる廃棄物などを生み出さない、ということで非常にクリーンかつ費用なども抑えることができる、という利点があります。

波力発電はなぜ実働稼働していないのか

実働稼働していない、というのは語弊があるのですが少なくとも火力発電などに変わるメインの電力供給方法として機能はしていない、というのが正しい言い方ですね。

というのも、波力発電は確かにクリーンなエネルギー供給方法なのですがまず電力を生み出すための対象が、結局波の動きだけに頼ることになってしまうため、自然環境や設備環境によって安定した電力供給を維持することができないんです。

日本の、電機文明は安定した電力供給ができなければ使用することができないため、その問題は致命的とも言えるでしょう。
更に、波力を利用する以上は当然波の動きがある程度大きくないと電力供給をすることはできないため、設備を維持するための強度なども必要になるため、設備の建設と維持に莫大な費用がかかってしまうんです。

更には、海岸に生息する海棲生物への生態系の影響なども懸念するとなれば、まだまだ発電方法としては安定化は難しいんです。

日本での波力発電にはどんなことが必要か

一番必要なのは、やはりまずは波力発電の大規模設備を建設するための建築技術、安全規格を満たした強度計算、そして海棲生物の生態系を破壊しないための安全策やタービンの開発などですね。

まだまだ、日本で実働するには色々と問題と課題が山積みなのですが、海に囲まれた日本においてこれ程、土地の性質にあった発電方法はないでしょう。
これが実現することができるようにさえなれば、日本の電力不足などの問題は大きく飛躍することができると言っていいでしょう。