日本で利用したい海水を用いた電力供給


日本を取り巻く海に囲まれた環境は、水産業だけでなく発電にも利用することができるかもしれない、とされています。

しかし、現状海水を用いた発電はまだまだ実用化に至っていないのですが、なぜ海水を用いた発電は実現が難しいのでしょうか。

海水を用いたエネルギー発電の問題とは

海水を用いた発電、という方法は原理的には水力発電と同じですね。
ダムに貯蔵した水を放流することによって、継続的に電力を作り出すのが水力発電なのですが、海水を用いれば潮流を用いることで常に水の動きが生まれるため、ダムの放流のような定期的な稼働が不要なため、長期的な電力供給が期待できます。

しかし、それは潮流という自然の流れに全てを任せることになるため安定した電力供給ができない、というデメリットも孕んでいます。
日本は、電力によって賄われている文化が非常に多いため電力の安定化は非常に重要なポイントとなっています。

現状、火力発電が締めている電力供給の比率を大きく変えるほどの電力を生み出すまでの設備を作り出すには、エネルギー効率的にも安定化させる条件としてもまだまだ難しいです。

自然の力と兼ね合う設備の条件が難しい

例えばですが、潮流とは違い波力ならば多少の強弱はあれど常に起こり得る物ですから安定化させられるのでは?と思うかもしれませんが、波力は潮流に比べると水の動きが大きくはなく、生み出される電力量もたかが知れています。

しかし、電力効率を考え年中高波がおこるような場所に設備を建設することは不可能ですし、かりに建設できても波力による建造物の劣化は原子力発電所の不備と比較になりません。

しかし、大規模な施設を建設可能な海辺となると今度は波力の分散によって安定した強い波の力を得ることができず、電力供給をすることができない、という本末転倒なことに帰結してしまいます。

波力を用いた電力供給方にも目を向けること自体はされていたのですが、やはり現状としての設備と発想、そして技術力がそれを実現させるだけの条件が全て不足しているわけです。

海水を用いた電力供給施設は実現不可能なのか

現状ではそうだ、と言わざるを得ないでしょう。
あまりにも技術と知識が足りていない上に、資金も足りておらず火力発電の補助電源程度の電力供給しか期待できません。

施設の数を増やせば、電力量を増やせるとは言え日本の土地も有限ですしその分コストもかかってしまいますからね。

とは言え、海水は日本のような島国では溢れかえっているわけですから海の力を利用しない手はありません。

自然エネルギー発電は、最早国単位で常識化していかなければ地球そのものの環境を深刻に破壊してしまう危険性があるところまで来ているので、少しずつ意識改革をしたいですね。