日本が現状ぶつかっているエネルギー問題に目を向けよう


日本では、原子力発電が現在稼働を自粛していることもありその電力の殆どが火力発電に依存している傾向にあります。
しかし、火力発電は電力供給の効率が高い分有限である化石燃料という資源をどんどん消費してしまうため、長続きしないのです。

新たな自然エネルギーを用いた発電が必要

現在、火力発電に依存している日本において最も必要なことは新たな自然エネルギーを用いた発電装置や設備の開発です。
元々、産みに囲まれた国ということもあり海水を用いた水力発電である、波力、潮流、水温を用いた発電方法に注目を受け手いましたが、大規模設備としての実用化には至らず日本のエネルギーインフラを支えるには心もとない現状にあります。

自然エネルギー発電ができるようになれば、化石燃料を用いた資源の消費を抑えることができる上に、環境汚染などを食い止めることができると言った沢山の利点があるのですが、現状としてそれを実現できるだけの電力供給を期待することができないのです。
水力発電は水の落ちる力を利用したダムや入江などに設置する設備はそこまで大規模な物ではない上に効率も悪いため、かなり厳しい現状です。

新たな電力供給方法は急務であり至上命題

火力発電に依存した電力共有は、決して遠くない将来破綻すると言われるほど現在の化石燃料という資源不足は深刻です。
化石燃料は、もう現状では増やすことができない物ですし化石燃料を燃やせば大量の煙が発生し、それはCO2としてオゾン層の内部に滞留し地球温暖化を勧めてしまうなど、エネルギー問題どころか環境問題にさえ直結してしまうリスクなんです。

現状、火力発電にこのまま依存し続けていれば様々な大きな問題を引き起こしかねないんです。
新エネルギー発電であった原子力発電も現在事実上稼働が難しい以上は、新電力供給開発は、何を差し置いても優先しなければならないことだと言っていいでしょう。

そして、その最も大きな可能性がやはり日本を囲む大海原にあると言っていいのではないでしょうか。
海水を用いた電力発電は、まだ見通しがないのですが何より資金不足というのも大きな問題としてのしかかっています。

新エネルギー開発の投資を高めるのは民意

結局のところ、新エネルギー開発に割くだけの資金は国がどうにかするしかありません。

そして、国家から資金を出させるためにはまず何より国民一人一人が現状のエネルギー問題にきちんと向き合って、どういった問題があってどのように解決せねばいけないのか、ということを正しく認識する必要があります。

福祉や少子化など、取り上げられやすい問題もエネルギー不足問題に比べれば現状でどうにでもできる問題なので、今考えるべきは何よりエネルギー問題なのだと意識すべきです。