日本を取り巻く発電と電力供給の問題


日本は、小さな島国ながら先進国に名を連ねており特に電機的文明は世界でもトップクラスに発達していると言えます。

日本を取り巻く発電と電力供給の問題

それに伴い、それを支える電力も安定供給されているのですがしばしばそれを生み出す発電に対しては特に意識していない方が多いんです。

発電と電力を生み出すことのシステムを意識しよう

我々日本人は、安定して供給されている電力があるのが当たり前の生活を送っているため、その電力が如何にして生み出されているかを気にしていない人がとても多いんですね。

日本では、様々な電力を生み出す機関があり火力発電、水力発電、風力発電、太陽光発電、そして原子力発電などをあわせて日本中の電力供給を賄っています。

さて、この発電機関の中で日本の電力供給を最も多く締めているのは何かご存知でしょうか?答えは火力発電です。

しかもその割合を聞いたら驚くかもしれませんが、実は現在では日本の電力の9割近くは火力発電によって賄われているんですね。

水力発電などは6%程度、原子力発電は何とそれよりも更に少なくなっている現状にあるんです。

これを聞いて、何一つ危機感を感じない人は相当危険な考え方をしていると言えます。

現状の電力供給の形が持っているリスクとは

何故、この電力供給の図式に危機感を持たないといけないのかというと火力発電というのは有限であり、特に現在の地球環境を取り巻く問題とエネルギー不足の問題に直結するからです。

現状の電力供給の形が持っているリスクとは

火力発電というのは天然ガス、石油、石炭などを用いた化石燃料を燃焼させることによって電力を生み出す物なのですが、化石燃料というのはその名の通り、地層に残った化石から生み出されたものです。

そして、化石というのは何万年も前の生物によって生まれた物なので当然ながら、その生物の化石は限りがあるわけです。

それを、延々消費し続ければ決して遠くない未来枯渇してしまうことは想像力があれば判断がつくでしょう。

だというのに、火力発電が9割近くも電力供給を担っているとなれば、化石燃料が枯渇してしまったらどうなるでしょうか?他の電力では間違いなく現状の電力を賄うことはできなくなります。

何故火力発電がこんなにも重視されているのか

実は、火力発電が9割近くも締めているという状況は昔からではなく、数年前は6割程度だったんです。

何故火力発電がこんなにも重視されているのか

何故、数年で3割近くも急激に上昇したか?それは元々その3割を締めていたのは実は原子力発電だったからなんです。

数年前の原子力発電所の事故により、日本では急速に原子力発電反対運動などが起こったりして、原子力発電の稼働率を下げざるを得なくなってしまったのです。

さて、原子力発電は先程も言ったとおり3割近くの電力発電を行うことができる物だったのにその稼働率を下げてしまうと、電力発電効率のことを考えると、火力発電の比率を高めざるを得ないわけです。

The recommendation site
クレジットカード現金化は急いでいる人に便利
急な金策に苦しむ方へおすすめする最適なマネーシステムのお問合せや登録方法などはこちらをご覧下さいませ

水力発電や風力発電のような自然エネルギー電力と言うのは効率が悪く今でもはっきり言って限界まで稼働してこのレベルなので、原子力発電の電力供給を賄うのは不可能だ、ということなんです。

そして、その現状が結果的に化石燃料という資源枯渇とそれにより起こる環境破壊をすすめているのです。

電力供給とエネルギー問題に目を向けよう

原子力発電が稼働できなくなった原因は、はっきり言って世論のせいですがその世論は、控えめに言っても現在の地球環境問題やエネルギー不足問題の認識が低いとても不勉強なことで起こったものです。

電力供給とエネルギー問題に目を向けよう

そもそも、原子力発電事故は原子力発電が危険というよりは国で本来定めるべき安全規格基準の想定が甘かったせいですからね。

確かにプルトニウムによる汚染は、その危険度と爪痕を残す期間の長さは群を抜いているとは言え、安全規格想定が甘ければ火力発電とて爆発事故を起こす危険性はあります。

目先の恐怖やイメージだけで物事を判断することは、結果的に自分たちの未来を苦しい物にしているだけです。

現状、自然エネルギー技術に期待できない以上は今あるエネルギーをいかに重要するのかということに目を向けるべきです。

でなければ、自分たちが子ども、孫に負の遺産を背負わせてしまうことになるでしょう。